太陽光発電のメリットとは

太陽光発電のメリット

太陽の光エネルギーを電気エネルギーへ利用する太陽光発電。
その研究開発は現在進行形で、世界各地でビジネスや生活など、さまざまなシーンでの活用が期待されています。ここでは、環境面や家庭での利用時にどんなメリットや強みがあるのかご紹介します!

Merit (1) 環境にやさしい
◎クリーンで枯渇しない自然エネルギー

環境にやさしい◎クリーンで枯渇しない自然エネルギー

太陽光発電の最大のメリットは、エネルギー源が半永久的で、クリーンであることです。

現在、日本のエネルギー自給率は10%未満。供給されているエネルギー資源の約90%が海外からの輸入に頼っています。これらの化石燃料(石油や石炭、天然ガスなど)と、原子力発電の燃料として使われているウランは基本的に枯渇性エネルギーです。

一方で、太陽の光という半永久的なエネルギーを活用する太陽光発電は、枯渇する心配がありません。また、発電時に地球環境で問題となっているCO2(二酸化炭素)やSOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)、放射性廃棄物などの環境汚染物質を一切出しません。

太陽から地球上に到達する光エネルギー量は1㎡あたり約1kWで、この太陽光エネルギーをすべて利用できるとしたら、世界が1年間に消費するエネルギーを、わずか1時間分でまかなうことができるともいわれています。資源の少ない日本でも輸入に依存せず、海外情勢に左右されない“国産の自然エネルギー”として、期待されているのが太陽光発電システムなのです。

Merit (2) 家計にやさしい
◎光熱費を節約できます

家計にやさしい◎光熱費を節約できます

個人や住宅で電気を自給自足できる太陽光発電は光熱費を削減することができます。

もちろん、夜間や天候が悪い時などは今までどおり電力会社から電気を購入する必要がありますが、日中に発電し、余った電気は電力会社へ売ること(売電)が可能です。現在の余剰電力買取制度では、1kWあたり42円で電力会社に10年間買い取ってもらえます。売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われ、特別な操作を自分で行う必要はありません。月単位で買った分の電気代は電力会社に支払い、売った分の電力料金は指定した銀行口座に振り込まれるのが基本です。

一般的な家庭であれば、太陽光発電システムと現在の余剰買取電力制度で約60~70%の光熱費が削減できるといわれています。

Merit (3) もしもの時も役に立つ!
◎自立運転機能で停電時も安心

もしもの時も役に立つ!◎自立運転機能で停電時も安心

災害などで長時間停電になった場合でも、自立運転機能を備えたシステムであれば電気を供給することができます。

天候や時間帯により電力が不安定だったり、最大1.5kWまでという出力の制約がありますが、テレビやラジオなどを使用して災害時の最新情報を確認したり、携帯電話を充電しておくことができます。自立運転の切り替え操作や専用コンセントの有無などの取扱い方法はメーカーやシステムごとに異なるので、いざというときのためにあらかじめ確認しておくことがポイントです。

太陽光発電のメリットとデメリット
太陽光発電のデメリット
関連する記事を読む
    None Found
この情報を共有する
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Delicious
Share on FriendFeed
[`grow` not found]