太陽光発電システムメーカーの特徴・製品例

太陽光発電メーカー

現在、国内で販売されている住宅用太陽光発電システムの主なメーカーと製品の一例をご紹介します。

メーカー一覧

※各メーカー・製品データは、調査時点の情報を掲載しております。 詳しくは各メーカー・販売店にて最新の情報をご確認ください。

1959年から太陽光発電開発をはじめ、電卓・灯台・宇宙用などへの取り組みを続けている“老舗メーカー”
2000年から2006年までは、太陽電池生産量が世界一だった。

株式会社カネカ(旧社名・鐘淵化学工業)は、総合化学メーカー。
1980年より太陽電池の研究・開発を開始。

ドイツに本社を置く世界的な太陽光電池製造メーカー。
日本では2011年から一般発売を開始。

昭和シェル石油グループのソーラーフロンティア株式会社。
シリコンを使用しない薄膜系太陽電池を約20年かけて研究開発し、商品化。

独自のセル製造技術で電気抵抗を低減した大出力モジュールが特長。
無線通信の表示ユニット「エコガイドTV」で発電や売電状況をテレビ画面でも確認可能。

2010年より住宅用太陽光発電システム事業に参入。
太陽電池モジュールに世界最高水準のセル変換効率21.5%を実現したアメリカ・サンパワー社製を採用。

中国大手の太陽光発電専業メーカー。
2010年度太陽電池生産量第1位。

1975年から研究開発をスタート。
1993年に日本で初めて住宅用太陽光発電システムを発売。

三洋電機との共同事業として単結晶シリコン系ハイブリット(HIT)電池を採用。
パナソニック独自のホームセキュリティや薄型テレビ「ビエラ」につなぐ家庭用ネットワークシステムを導入。

Hondaの子会社で、薄膜太陽電池を独自に開発。
設置の自由度が高い全並列接続システムと影の影響を受けにくい構造を持つ。

1994年から個人住宅用太陽光発電システムを発売。
1997年、高出力・高性能なHIT太陽電池を独自開発。

関連する記事を読む
    None Found
この情報を共有する
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Delicious
Share on FriendFeed
[`grow` not found]