マンションで利用する太陽光発電

マンション・ガレージに設置する

太陽光発電システムの一般的な設置場所は、戸建て住宅の屋根がほとんどですが、マンションやアパートにお住まいの方でも比較的簡単に導入できる小型の太陽光発電システムが販売されています。

ベランダやバルコニーに設置できる小出力タイプで、蓄電機能(バッテリー)を備えた製品もあります。
ただ、共同住宅のベランダやバルコニーは共有エリアであり、建築基準法や消防法、火災予防条例により避難通路の妨げになるようなものを置くことは管理規約などで確認が必要です。
設置スペースや周辺機器類の工事などの課題も多く、戸建て住宅の屋根と同じようなメリットを受けられる設備の導入は難しいかもしれません。

一方で、屋上などに比較的大きな太陽光発電システムを導入するマンションも増え始めています。
発電した電力をエレベーターや駐車場、ホール照明などの共有部分に用いて管理費を下げるような形で、メリットを受けることができます。新築マンションでは、戸別ごとに太陽電池モジュールや機器が整備され、戸建て住宅と同じように余剰電力を売るステムを備えた物件もあります。

共同住宅や賃貸住宅で太陽光発電の導入を検討したい方は、管理規約を確認したり、管理会社へ問い合わせてみましょう。

ガレージ・カーポートの利用

ガレージ・カーポートの利用

自宅に取り付けることができない場合や、さらに発電量を増設したい方に注目されているのが、ガレージやカーポートに設置できる太陽光発電システムです。
太陽電池モジュールの重さに耐える設計のガレージやカーポートであれば、大きなモジュールを設置することも可能で、発電量も確保できます。

住宅への電気供給はもちろん、電気自動車の充電用コンセントを設置できるようなプランもあります。

関連する記事を読む
    None Found
この情報を共有する
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Delicious
Share on FriendFeed
[`grow` not found]